家事代行から卒業|信用できる家事代行サービス会社の選び方をこっそりレクチャー

家事代行から卒業

水が出ている蛇口

家事代行サービスは便利なサービスですから、利用者としては有効に利用したいものです。
しかし継続的に利用していると、当然費用は積み上がっていきます。

それを「必要経費」だと利用者が納得できれば良いのですが人によっては「どうにかしてサービスを打ち切れないものか」と、費用が惜しくなってしまう人もいるでしょう。
とは言え、どの利用者も「家事代行サービスが必要だった」からサービスを利用しているのです。どうにかして前向きに「家事代行サービス利用を卒業」する手立ては無いものでしょうか。

以下に、「家事代行サービス利用を卒業」する方法の例をいくつか紹介致します。

・プロのスタッフからワザを盗んでしまう
在宅中に家事代行をお願いする場合、利用者はプロのスタッフのワザを盗み見る機会があります。
おそらくどの業者も、利用者の見学を禁止にはしていません。なので利用者としては、積極的にプロのワザを盗めないか挑戦しましょう。
もしプロのワザを利用者が習得できたなら、利用者が自分でやる家事のスピード・効率も上がるはずです。それでもし「家事代行はもう必要ないかな」と判断できれば、めでたく「卒業」です。
ただくれぐれも、スタッフの仕事の邪魔だけはしないようにしてください。

・家事でストレス発散していなかったか考えてみる
人によっては、実は「家事によってストレスを発散していた」という事もあります。もしそうだとしたら、家事代行は良い事ばかりではありませんね。
自分で思い返してみてもし「家事でストレスを発散していた」という自覚があるようなら、「卒業」もアリかも知れません。